この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、企業に選ばれている製品はコレだ!「ETL 掲載日:2004/03/22

ETLツール シェア情報



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
ETLツールが求められる背景
2
ETLツールの基本機能
1
ETLツールの選び方
2
製品カタログ
1
ETLツール シェア情報
 
INDEX


シェア情報
今、企業に選ばれている製品はコレだ!
シェア情報

 ここではミック経済研究所の「UNIX・NT対応ミドルウェアパッケージソフトの市場展望2003年度版」(03年6月発刊)から、ETLツールの市場動向を紹介する。 ETLツール シェア情報

1 

ETLツール シェア情報



1-1

出荷金額2002年度は前年比172%の伸びで、急成長


 ETLExtraction/Transformation/Loading)ツールは、基幹システムなどのデータソースからデータを抽出し、データウェアハウスやデータマート用に加工、DBMSにロードするツールである。データの統合やデータの整合性をとるクレンジングがその中核の機能である。これまでは手作りでこれらの機能を実現していたが、ETLツールの登場により、短時間でシステムが構築できるようになった。
 2002年度の出荷金額は31億円、前年対比では172.2%と非常に高い成長を遂げた【図1参照】。市場規模的にはまだ小さいが、分散していたデータの統合ニーズは着実に高まりつつあり、ETL市場は今後も高成長を続けそうだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ETL/蘇れデータ!ETL基礎入門」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

ETL」関連の製品

BusinessSPECTRE 【電通国際情報サービス】 データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenter 【インフォマティカ・ジャパン】 Hadoopはなぜ必要? 分析アーキテクチャ最適化4つのメリット 【ホートンワークスジャパン】
ETL ETL データ分析ソリューション
SAP ERPに格納された大量のデータを素早く抽出し、様々な用途に活用するためのデータ連携フレームワーク。会計・販売レポートや経営分析、他システム連携などに活用可能。 優れた拡張性と高パフォーマンスを兼ね備えたエンタープライズデータ統合ソリューション。あらゆるシステム上のデータを、形式を問わずにシームレスに統合する。 Hadoopはなぜ必要か? データ分析アーキテクチャを最適化する4つのメリット

ETL」関連の特集


利用するには専門の知識が必要だと思われていたBIツール。最近ではネット検索するように、簡単に使えるツ…



IPプロトコルの中でも古い歴史を持ち、頻繁に使われるファイル転送プロトコル「FTP」。その仕組みをパ…



2010年度の出荷金額が前年対比9.4%増の69.8億円であった「BPMパッケージ」。今後の市場予測…


ETL」関連のセミナー

ビッグデータソリューションセミナー 【NTTデータ数理システム】  

開催日 1月18日(水),3月14日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

このようなお悩みを抱えている方、是非ともご参加下さい!・自社のデータでビッグデータ分析ができるのか?とお悩みの方・既にExcelやデータベースでは、集計や簡単な…

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】 締切間近 

開催日 1月25日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ETL/蘇れデータ!ETL基礎入門」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ETL/蘇れデータ!ETL基礎入門」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000614


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ