この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
今、企業に選ばれている製品はコレだ!「ETL 掲載日:2004/03/22

ETLツール シェア情報



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
ETLツールが求められる背景
2
ETLツールの基本機能
1
ETLツールの選び方
2
製品カタログ
1
ETLツール シェア情報
 
INDEX


シェア情報
今、企業に選ばれている製品はコレだ!
シェア情報

 ここではミック経済研究所の「UNIX・NT対応ミドルウェアパッケージソフトの市場展望2003年度版」(03年6月発刊)から、ETLツールの市場動向を紹介する。 ETLツール シェア情報

1 

ETLツール シェア情報



1-1

出荷金額2002年度は前年比172%の伸びで、急成長


 ETLExtraction/Transformation/Loading)ツールは、基幹システムなどのデータソースからデータを抽出し、データウェアハウスやデータマート用に加工、DBMSにロードするツールである。データの統合やデータの整合性をとるクレンジングがその中核の機能である。これまでは手作りでこれらの機能を実現していたが、ETLツールの登場により、短時間でシステムが構築できるようになった。
 2002年度の出荷金額は31億円、前年対比では172.2%と非常に高い成長を遂げた【図1参照】。市場規模的にはまだ小さいが、分散していたデータの統合ニーズは着実に高まりつつあり、ETL市場は今後も高成長を続けそうだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ETL/蘇れデータ!ETL基礎入門」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

ETL」関連の製品

オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 データ・プレパレーション・プラットフォーム 「Paxata」 【アシスト】 DataSpider Servista 【セゾン情報システムズ】
BI ETL ETL
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 ビッグデータやIoT、クラウドなど先進分野でのデータ分析に求められる「データ準備」を機械学習などの最新テクノロジーを活用して素早く実現する。 CRMは3カ月必要……Microsoft Azure連携含めわずか1カ月で作った情報可視化基盤

ETL」関連の特集


444人のオフィスワーカーを対象にExcelへの不満点や置き換えたツールに関して調査した結果をお知ら…



ミック経済研究所によると、2007年度は21.6%増と高い伸びが予想されるETLパッケージシェアをご…



導入の失敗事例が少なくないBIツール…。失敗に陥らないためのソリューションやアドバイスを紹介します。


ETL」関連のセミナー

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 8月22日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

圧倒的なスピードで業務システムを構築する手法とは 【インフォテリア/パシフィックビジネスコンサルティング】  

開催日 8月4日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「もうプログラムは書かない!圧倒的なスピードで業務システムを構築する手法とは」〜ASTERIA WARPとMicrosoft Dynamics NAVで実現する…

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 7月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ETL/蘇れデータ!ETL基礎入門」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ETL/蘇れデータ!ETL基礎入門」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000614


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ