この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「ETL 掲載日:2004/03/22

ELTツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
ETLツールが求められる背景
2
ETLツールの基本機能
1
ETLツールの選び方
2
製品カタログ
1
ETLツール シェア情報
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 今までETLツールは、データウエアハウスという大きなシステムの中に隠れていて、ETLツールだけをクローズアップする機会は少なかったようだ。しかし、これからはメタデータ管理をはじめとするETL機能の充実で、ETLツール単体での評価導入も重要視されるはずだ。そこで、ETLツール導入にあたって考慮したいポイントについて紹介する。ETLツールはデータウエアハウスの構築期ではなく、運用期及び拡張期で最大の導入効果をもたらす製品だ。 ELTツール

1 

ETLツールの選び方



1-1

運用期から拡張期にかけての投資対効果をチェック!


 自社のETLツールを採用してもらえるかどうか、各ベンダーが一番気にしているのは実は「競合する他社製品」ではなく「手組み」である。これは、不況の影響でIT分野のROI(投資対効果)が厳しくチェックされる一方で、社内外のプログラマに余剰人員が出始めていることが最大の原因だ。
 しかし、データウエアハウス構築だけでなく、いろいろな業務連携の場面で活躍できるETLツールに対しては、構築期という単年度でROIを判断するのではなく、運用期から拡張期にかけてのROIを検討すべきだ。
 例えば、運用期を考えた場合、「手組み」では現状分析に手間取って、変更要求に迅速に対応できなくなるケースが考えられる。また、プログラマが変われば他人の作ったプログラム解析に時間がかかることになる。しかしETLツールなら開発者以外のプログラマでも簡単に保守や改良が行えるし、メタデータ管理を導入すれば現状分析に手間取ることもなくなる。さらに拡張期では、ETLツールならプログラム変更することなくCPUを増加するだけで必要なETL処理性能を維持していくことができる。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ETL/蘇れデータ!ETL基礎入門」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

ETL」関連の製品

純正のHadoopディストリビューション Hortonworks Data Platform 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ統合・連携基盤「Talend」 【エアー】 データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】
ビッグデータ ビッグデータ EAI
Hadoopを使いたい! と考える情シスが知っておくべき選定基準 Eclipseベースのグラフィカルな統合開発環境を使用し、データ統合からアプリケーション連携、ビジネスプロセス管理まで行える統一プラットフォーム。多数の導入実績あり。 膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール

ETL」関連の特集


BIツールに関してアンケートを実施。今お使いのBIツールに満足してますか?不満や活用における課題につ…



2010年度、前年対比7.4%増の66.6億円であった「ETLパッケージ」。市場が好調に推移すると見…



社内に散在するデータを収集、活用して、精度の高い意思決定を行っていく、その仕組みの核となるデータウェ…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ETL/蘇れデータ!ETL基礎入門」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ETL/蘇れデータ!ETL基礎入門」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30000613


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ