この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「ETL 掲載日:2004/03/22

ETLツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
ETLツールが求められる背景
2
ETLツールの基本機能
1
ETLツールの選び方
2
製品カタログ
1
ETLツール シェア情報
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 企業内に散在する複数のデータベースやアプリケーションから重要なデータだけを1箇所に集めて、もっと企業活動に役立てようとするデータウエアハウスの導入が進んでいるが、実際にこうした仕組みを実現するときに役立つツールが ETLツールだ。ETLツールを使えば、複数のシステムから異なる種類のデータを抽出、変換、加工することが容易になる。
 そこで今回はこの便利なETLツールを取り上げて、どうすればデータ移行の手間とコストを少しでも削減できるのか、その基礎知識と最新情報をお届けする。
ETLツール

1 

ETLツールが求められる背景



1-1

ETLとは


 ETLを理解してもらうために、まずデータウエアハウスの話から始めよう。データウエアハウスとはデータが沢山詰まった巨大倉庫のこと(もちろんコンピュータ上での話)で、1990年にビル・インモン氏により提唱され、国内では1996年に第1回のデータウエアハウスEXPOが開催されたころから認知され始めた。データをいろいろな角度から分析して経営に役立てようとするOLAPやデータマイングにとって、データウエアハウスは極めて重要な基盤になっている(OLAPは一定の仮説をもとにデータを分析すること、データマイニングは仮説を立てることなく膨大なデータから自動的に未知の法則を見つけ出すこと)。
 そして、データウエアハウスを構築するには、基幹系システムなどからデータを集める作業が必要になるが、この作業のことをETLと呼ぶようになった。 ETLのEはExtract(抽出)、TはTransform(変換)、LはLoading(格納)のことで、データウエアハウスが必要とするデータを、いろいろなデータソースから抽出し、適切な形式に変換し、必要に応じて参照整合性(参照される側と参照する側のテーブルの同期が取れていること)をチェックして、データ品質を保証してから格納するという役割を持つ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ETL/蘇れデータ!ETL基礎入門」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

ETL」関連の製品

オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 超高速カラム指向型エンジンと一体化した次世代データベース登場、その実力は? 【エージーテック】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】
BI データベースソフト BI
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 主要な商用データベースは高過ぎる。でも安いだけのデータベースにも不安がある。そんな企業に知ってほしい、コストと機能のバランスが取れたデータベースが登場した。 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。

ETL」関連の特集


EAI、Webサービス、ESBとキーワード続出のアプリケーション連携。しかしキャッチアップが難しいの…



実用的なBI活用に大きく寄与するのが処理速度と操作性。現在のツールはどこまで進化しているのか?クラウ…



データウェアハウスの構築にとどまらず、データの統合・連結など幅広く活躍中の「ETLツール」を基本から…


ETL」関連のセミナー

IoT・AI導入の前に!データ統合・ETL「Pentaho」活用セミナー 【KSKアナリティクス】 締切間近 

開催日 10月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「ETL」はデータウェアハウス構築に必要となる、既存データソースからのデータ抽出(Extract)、データの変換(Transform)、データベースへのロード(…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ETL/蘇れデータ!ETL基礎入門」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ETL/蘇れデータ!ETL基礎入門」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30000612


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ