この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
導入時の苦労とその製品を選んだワケ「EAI 掲載日:2004/03/08

EAI導入事例 【株式会社リコー】



1:基礎講座 2:選び方講座 3:導入事例
1
EAIとは
2
メッセージブローカーの基本
3
アダプタの基本
4
EAIの新しい潮流-----ESBとは
1
EAIツールの選び方
2
製品カタログ
1
EAI導入事例【株式会社リコー】
 
INDEX


導入事例
導入時の苦労とその製品を選んだワケ
導入事例

 今回はEAIツールの導入事例として、株式会社リコーに導入された日本アイ・ビー・エムのMQ Series(現在のWebSphere MQ)とMQ Series Integrator(現在のWebSphere Business Integration Message Broker)について、その選定から導入/稼働までの経緯をレポートする。 EAI導入事例 【株式会社リコー】

1 

EAI導入事例【株式会社リコー】



1-1

システム基盤を支えるIT/S本部


 株式会社リコーでは、1994年12月から「IT/S」(Information Technology & Solution)と名付けられた全社活動をスタートさせている。この活動では、メインフレームからパソコンに至るすべての情報システムを整備/統合化し、同社で作り上げたルールをリコーグループ各社に展開することで、グループ全体での活動の統合化を図ることを目的としている。こうした活動は各方面から多くの注目を浴びるようになり、IT を活用した業務改革におけるリーディングカンパニーとしての地位を築く結果となった。2003年3月31日現在、連結従業員数は74,600名、連結売上高は1兆7,383億円に達している。
 今回は、この活動の中心におられる同社IT/S本部IT/S技術センター技術2グループ主席係長の田崎淳一氏に、EAIツール導入における貴重なご経験についてお話を伺った。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

EAI/初歩からのEAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

EAI」関連の製品

情報連携支援 Qanat2.0 【JBアドバンスト・テクノロジー】 クラウドEAIサービス 「PolarisGate」 【日商エレクトロニクス】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
EAI EAI EAI
企業内外(オンプレミス・クラウド)のさまざまなデータをノンプログラミングで簡単に他システムへ連携・変換し、業務の効率UP・運用コスト削減に貢献するデータ連携ツール。 クラウドサービス間のデータを連携し、業務効率向上やビジネスへの対応を支援するクラウド型EAIサービス。世界トップクラスの導入実績を誇る「Magic xpi」のクラウド版。 ドラッグ&ドロップでデータ連携を実現するビジュアルな開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプターを装備。

EAI」関連の特集


拠点間や部門間でのコミュニケーションロスやメンバー異動等による、経営スピードの低下は避けたいもの。今…



DB担当者、ETL初心者、必見!…いざ、使おうと思うと形式がバラバラで使いものにならん!といった悩み…



既存システムを使い続けながら、変化への対応を高度化するにはどうすればよいか?「システム統合基盤」はそ…


EAI」関連のセミナー

ハンズオンで学ぶはじめてのデータ変換 【データ・アプリケーション】  

開催日 5月23日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

企業には様々な業務システムが存在し、そのデータの連携や加工のために、データ変換プログラムが個別に開発され複雑化し、属人性も高く、品質も均一でないためメンテナンス…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

EAI/初歩からのEAI」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「EAI/初歩からのEAI」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000606


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ