この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「EAI 掲載日:2004/03/08

EAI



1:基礎講座 2:選び方講座 3:導入事例
1
EAIとは
2
メッセージブローカーの基本
3
アダプタの基本
4
EAIの新しい潮流-----ESBとは
1
EAIツールの選び方
2
製品カタログ
1
EAI導入事例【株式会社リコー】
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 ここではEAIツールを選択するときにチェックしておきたいポイントを紹介する。アプリケーション統合の「かなめ」であるEAIツールに対しては、「既存システムとの接続性」「システム間連携の柔軟性」「高信頼性」「スケーラビリティ」「24時間運転に対応した運用性」が要求される。なお、別稿のBPMツールの「選び方講座」に掲載されている内容も合わせて参考にして頂きたい。後半ではEAIツールの製品カタログをお届けする。 EAI

1 

EAIツールの選び方



1-1

EAIツール導入の前に既存資産の中身をチェック!


 EAIツールのおもな導入目的を分類してみると、「組合せ」(システムの組合せを自由に変えることでビジネスの変化に対応したい)、「なるべく作らない」(既存の資産をできるだけ有効活用しながら新しい業務を展開したい)、「外部との連携拡大」(社外システムと連携することでダイナミックなIT戦略を実現したい)という3つのパターンに大別できる。ITバブルのころのEAIは、このうち「外部との連携拡大」に一足飛びに注目が集まっていたが、ここ数年は「組合せ」と「なるべく作らない」というEAIの本質への回帰が進んでいる。そこで、EAIツール導入の検討を始める前に、既存資産の中身をしっかり確認して、活かす部分と変更する部分の切り分けなどを行ってから、本当に必要なシステム開発技術は何かを再検討すべきだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

EAI/初歩からのEAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

EAI」関連の製品

Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 システム間データ連携ソリューション 「DataSpider Servista」 【アプレッソ】 データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】
EAI EAI EAI
ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。 企業内に散在するデータを活用し、素早く簡単に目的とする処理サービスを作るソフトウェア
●プログラミング不要
●開発支援機能、多彩な連携機能、豊富な運用支援機能装備
膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール

EAI」関連の特集


企業におけるクラウド利用が拡大する中で、オンプレミスとのデータ連携が課題だと言われている。クラウドと…



「アプリケーションサーバパッケージ」の市場規模と市場占有率はこちらから!シェア上位ベンダの動向とあわ…



昨今の円高を背景に、海外進出を検討する企業が増えています。今回は企業の海外でのIT導入の現状や注意ポ…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

EAI/初歩からのEAI」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「EAI/初歩からのEAI」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30000605


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ