この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「EAI 掲載日:2004/03/08

EAI



1:基礎講座 2:選び方講座 3:導入事例
1
EAIとは
2
メッセージブローカーの基本
3
アダプタの基本
4
EAIの新しい潮流-----ESBとは
1
EAIツールの選び方
2
製品カタログ
1
EAI導入事例【株式会社リコー】
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 ERPなどのアプリケーション統合を推進するために普及してきたEAIも、最近では「アプリケーション統合」から「ビジネスプロセス統合」へと関心が移ってきて、EAIが前面に登場する機会が少なくなってきた。しかし、ITシステムがWebサービスという新しい段階に進んでいくには、堅牢で柔軟なシステム間の接続を実現するEAIは今後も重要な基盤であることに変わりはない。そこで、今回はアプリケーション統合の基本に今一度立ち戻り、メッセージキューイングやメッセージブローカーなどの基礎知識をお届けする。 EAI

1 

EAIとは


 EAIの定義から説明を始めたいと思うが、実は今回の特集ではEAIの定義が一番難しい。というのは、いわゆる従来EAIツールと呼ばれていた製品を販売してきたベンダー各社は、最近ではEAIという言葉よりもBPM(ビジネスプロセスマネジメント)という言葉を使い始めていて(BPMについては別稿を参照)、Webアプリケーションサーバーもアダプタ(アダプタについては後述)が使えるようになるとEAIツールということになる。
 さらに一歩進んだSOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づくESB(エンタープライズ・サービス・バス)製品(SOAとESBについても後述)という新しい潮流も出現し始めている。このほか、データウエアハウス構築で使われるETLExtract、Transform、Loading:IT環境から異なる種類のデータを抽出し、変換、加工するツール)もアプリケーションのデータ連携という意味ではもちろんEAIの範疇といえる。
 いきなり混乱させるような話で恐縮だが、このようにEAIの解釈や守備範囲が拡大しているということは、それだけEAIはIT基盤として重要視されているということにほかならない。



1-1

EAIの基本は1対1のアプリケーション連携から始まった


 前置きが長くなったが、改めてEAIEnterprise Application Integration)とは、部門ごとに導入されている業務アプリケーションやシステムを統合して1つのシステムとして活用するための仕組みのことを指す。ここではまず1対1のアプリケーション連携から説明しよう。
 1対1のアプリケーション連携には、MOMMessage Oriented Middleware)が使用される。MOMとはアプリケーション間の断続的な双方向データ交換を可能にするミドルウエアのことで、EAIの最もベースとなるソフトウエアである。プログラマはMOMを導入することでアプリケーションの通信ロジック部分を開発しなくてすむようになり、アプリケーションの連携部分の開発時間や開発コストを大幅に削減できるというわけだ。MOMでは次に説明するメッセージ・キューイング・モデルが使われている。


▼ メッセージ・キューイング・モデルとは

 ここでは、日本アイ・ビー・エムの「WebSphere MQ」(以下MQと略す)を例に、メッセージ・キューイング・モデルの動作について説明しよう。このプログラム間通信方式の最大の特徴は、アプリケーション同士が直接セッションを張るのではなく、キューと呼ばれるストレージ(ディスク上にもメモリ上にも配置できる)経由で間接的にメッセージ(データ)をやり取りするところにある(図1)。


図1 メッセージ・キューイング・モデル
図1 メッセージ・キューイング・モデル
資料提供:日本アイ・ビー・エム

 つまりメッセージ・キューイング・モデルでは、送り手のアプリケーションから送信されたメッセージを一旦キューに蓄積し(MQPUT)、その後で受け手のアプリケーションがキューからメッセージを受け取る(MQGET)仕組みになっていて、郵便方式とも言われている。この方法なら、送り手の処理と受け手の処理を別々(非同期)に実行できるので、送り手は受け手の都合を気にする必要がなくなる。実際のアプリケーション間通信では、OS障害やネットワーク障害などで、受け手のアプリケーションが利用できないケースが発生するが、そのときは利用可能になるまでキューにメッセージを一時的(もちろん長期間でも構わない)に保管しておけばよい。
 具体的には、MQはTCP/IPやSNAなどの複数のプロトコルに対応しているので、プログラマはどの通信プロトコルを介してプログラム通信しているのかを意識する必要はない。MQIMessage Queue Interface)という複数プラットフォーム間で統一された13種類のインターフェース(たとえば、MQOPEN:キューのオープン、MQPUT:キューへのメッセージ書き出し、MQSET:オブジェクト属性の変更など)を駆使するだけでいい。


▼ メッセージの配信保証

 メッセージ・キューイング・モデルで一番重要視される点は、ソフトウエア、ネットワーク、ハードウエアでどのような障害が発生しても、アプリケーション間で交換されるメッセージを間違いなく配信できるという高い信頼性だ。たとえば、MQではMQPUT時にメッセージの属性としてPersistentメッセージ(持続性メッセージ)を指定することで、ログ(ディスク)にメッセージが書き込まれるようになり、障害が発生してもメッセージを紛失することはなくなる。また、ソニックソフトウェア株式会社の「SonicMQ」では、特許申請中の永続メッセージング技術、トランザクションのサポート、クライアントの永続性により、やはり完全なメッセージ配信保証を実現している。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

EAI/初歩からのEAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

EAI」関連の製品

データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 業務プロセスや実施状況を見える化 「DataSpider BPM」 【アプレッソ】
EAI EAI BPM
膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。 業務全体の流れをモデル化し、管理・改善するためのBPMソフトウェア。対象業務のPDCAを繰り返すことで、効率性を評価し業務プロセスを改善。

EAI」関連の特集


拠点間や部門間でのコミュニケーションロスやメンバー異動等による、経営スピードの低下は避けたいもの。今…



今回ピックアップするのはEAI。例えばシステムのリプレースでは、全ての業務アプリケーションを一気にE…



データウェアハウスの構築にとどまらず、データの統合・連結など幅広く活躍中の「ETLツール」を基本から…


EAI」関連のセミナー

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 4月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

奉行ユーザ向け −Tsunagu for 奉行 ハンズオンセミナー− 【日本電通】  

開催日 3月23日(木),4月12日(水),5月24日(水),6月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

奉行の“汎用データ受入”を最大限活用しましょう!OBCの奉行i8/V ERP8 シリーズと他システムへのデータ連携をノンプログラミングでダイレクトに、しかも低コ…

奉行ユーザ向け −Tsunagu for 奉行 ハンズオンセミナー− 【日本電通】  

開催日 3月16日(木),4月27日(木),5月25日(木),6月22日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

奉行の“汎用データ受入”を最大限活用しましょう!OBCの奉行i8/V ERP8 シリーズと他システムへのデータ連携をノンプログラミングでダイレクトに、しかも低コ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

EAI/初歩からのEAI」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「EAI/初歩からのEAI」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30000604


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ