この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「デジタル複合機 掲載日:2004/02/23

デジタル複合機



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
充実が進むネットワーク機能
2
情報漏洩をガードするセキュリティ機能
3
複合機のコストメリット
1
デジタル複合機・選び方のポイント
2
製品カタログ
1
デジタル複合機シェア情報
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 デジタル複合機(以下、複合機)といえば、コピー、FAX、プリンタの機能を1台で実現するものとして、すっかりオフィスに定着した感がある。最近のトレンドとしては、各製品とも、電子メールの送受信機能やスキャンデータを LAN上の共有フォルダに簡単に書き出すなどのネットワーク機能やセキュリティ機能の強化が目立つ。また、もはや複合機もカラーが当たり前といえるほど、各社ともカラー機のラインナップが充実してきている。基礎講座では、最新複合機に搭載された新たな機能を中心に解説しつつ、コスト面についても言及する。 デジタル複合機

1 

充実が進むネットワーク機能


 まず、複合機の最新動向をまとめておこう。ポイントは、ネットワーク機能を中心としたIT機能の強化による紙から電子メディアへのシフト、コストパフォーマンスの向上である。



1-1

4役+IT機能で複合機から融合機へ進化


 複合機はコピー、FAX、プリンタ、スキャナの4役を1台にまとめるうえに、IT機能も従来から備わっていたが、最新の複合機は、ドキュメントをいかに電子化して活用するか、というテーマに取り組んでいると言えるだろう。例えば、メール機能を持ち、スキャンしたドキュメントを複合機から直接電子メール送信したり、Windowsネットワークの共有フォルダにスキャンしたドキュメントを保存したり、というように入出力と送受信において、ドキュメントを電子化し、同時に電子化されたドキュメントを取り扱う、というものに変わってきている。
 また、各社ともカラー機のラインナップを取り揃え、その実装されている機能は、モノクロ機と変わらなくなっており、カラーかモノクロかの違いを除けば、もはや機能的な差異は全くない。連続複写スピードもフルカラーで30枚/分前後と実用的なレベルになっている上、本体の価格もモノクロの1.2倍から 1.3倍くらいに落ち着いてきており、十分リーズナブルな価格帯になっている。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

デジタル複合機/今、変えどき?デジタル複合機」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「デジタル複合機」関連情報をランダムに表示しています。

デジタル複合機」関連の特集


 前回は、日本における制度の紹介とその活用事例について述べた。最終回の今回は、具体的なデータで認証の…



2012年、105億円となったイメージスキャナ市場。モバイルユーザ向けの需要開拓が進められている同市…



なぜか印刷まわりの費用が減らない?印刷の無駄を省くコツと、ちょっとした投資で大きくコスト削減できる秘…


「複合機」関連の特集


印刷した紙のトナーの色を消し、紙の再利用を可能にする新しい複合機をご紹介。5回も紙を再利用できるその…



2012年、前年比17.5%増となった同市場。今後、従業員規模1000人〜4999人の企業を中心に活…



導入されていないオフィスはないほど、数多くの製品が導入・リースされている複合機。複合機にまつわる情報…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

デジタル複合機/今、変えどき?デジタル複合機」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「デジタル複合機/今、変えどき?デジタル複合機」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30000601


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ