この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週のキーワードはこれだ! 掲載日:2004/03/03
 双方向ワンタイムID認証ってなんだ?!


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を速めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。
 今回のテーマは「双方向ワンタイムID認証」。これまで以上に認証=「正当性の検証」が重要視される中、クライアント/サーバー間の双方向認証の一手法として、アクセスごとに双方で動的にID・パスワードを生成、認証を行う仕組みに注目しました。

5分でわかるイメージ図
双方向ワンタイムID認証とは?
 ユーザーがサーバーにアクセスする際、ユーザー側、サーバー側双方が相手を「正当か否か」検証する作業を「双方向認証」というが、この認証に、“一度しか使えない”ID・パスワードを用いる方法を指す。
 従来のサーバー側からユーザーを認証する「片方向認証」で代表的なものが「ID+パスワード」だ。IDと固定パスワードを使う方法が一般的だが、IDからパスワードが推測されたり、キー入力を覗き見されたりといった漏えいの危険性がある。こうしたことからユーザー認証に「ワンタイムパスワード」を導入する企業も多いが、時刻同期のズレの問題や「なりすまし」への対処に懸念が残るのも事実だ。
 一方、クライアント/サーバーの双方向認証の一つに公開鍵暗号方式を応用した「デジタル署名」がある。アプライアンスが数多く出てはいるものの、電子証明書発行のための認証サーバー運用や証明書の有効期限管理など、一般的には運用面でコストがかかりやすい。「ワンタイムID」では、クライアント/サーバーの双方が、ID・パスワードを自動生成し、httpのセッションごとに変更しながら相互に認証を行なうため、IDを元に通信内容を解析することは事実上不可能である上、比較的低コストで運用することができるという特長がある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2018/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で2名様
 ASUS タブレット「ZenPad 10 Z301M-WH16」  
●A賞:抽選で1名様
 ダイソン 空気清浄機能付ヒーター 「HP 00 WS」 
●C賞:抽選で1名様
 Google Home 
●D賞:抽選で1名様
 酒グラスコレクション 冷酒セット(金箔)  
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】 機械学習で高精度な検知&隔離、モスフードサービスの次世代マルウェア対策とは 【日立ソリューションズ】 「働き方改革」と「Web会議」に関するアンケート 【レノボ・ジャパン】
帳票管理システム アンチウイルス Web会議
国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。 機械学習で高精度な検知&隔離、モスフードサービスの次世代マルウェア対策とは 「ThinkPad X280」が当たる:働き方改革とWeb会議に関するアンケート

新着特集


標的型攻撃「もしかして受けたのかもしれないけれど、よく分からない」が7割という衝撃の結果。誰も真相を…



サプライチェーンの「発注課題」に着目した、自己競争により学習を行うビジネス向けAI技術「自己競争AI…



 第1回、第2回、第3回までは、システムテストのアウトラインについて解説しましたが、実際の開発プロジ…


新着セミナー

エンドポイントトレンドセミナー2018 【NECキャピタルソリューション】  

開催日 6月29日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

2018年から2019年にかけての市場予測では、各企業のWindows 10への移行がこれまで以上に進むと予想されています。Windows 10への移行を契機に…

ゼロから80分でマスター!誰でもできる帳票作成セミナー 【ウイングアーク1st】  

開催日 6月20日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

SVFは「帳票基盤ソリューション」として、長く皆様の帳票出力業務を支えています。・ノンプログラミングの簡単帳票設計・あらゆるアプリケーションとの柔軟な連携・PD…

アプリケーション脆弱性診断ツールAppScan Standardハンズオン 【テクマトリックス/日本アイ・ビー・エム】  

開催日 6月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Webの脆弱性を突いたサイバー攻撃による個人情報流出などの事故が後を絶たず、アプリケーションのセキュリティ対策は" 待ったなし" の状況と言えます。この対策の1…

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

双方向ワンタイムID認証/双方向ワンタイムID認証ってなんだ?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「双方向ワンタイムID認証/双方向ワンタイムID認証ってなんだ?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000498



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ