RENA●妖精の名前にあらず!次世代ネットワーク…


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週のキーワードはこれだ! 掲載日:2004/02/04
 RENAってなんだ?!


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を速めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。
 今回のテーマは次世代ネットワークアークテクチャ「RENA」。これまでのインターネット通信とは何が違い、どういったメリットがあるのか?ネットワークにより仕事のスタイルが変わる!?というお話です。

5分でわかるイメージ図
RENAとは?
 RENA(Resonant communication Network Architecture)。それはNTTグループが総力を上げて研究・開発を進めている次世代ネットワークアーキテクチャだ。この構想が発表されたのは2002年11月。本格的なブロードバンド・ユビキタス環境の実現を目指して発表された、いわばNTT肝入りの構想である。
 一言で言えば、より早く、より大容量で、より安全に、より安い通信が可能になるという構想だが、RENA用に新たな通信回線をひくわけではなく、回線はNTTグループが持つ既存回線を利用する。しかしその中を流れる信号の仕様や、セキュリティ技術、接続技術などがこれまでと大きく違う。例えば、本コーナーでも以前取り上げた「ムービングファイアウオール」はRENAに搭載される技術の1つ。ISPネットワーク網の各所に配置しておくことでそれぞれが連携して動作し、もっとも攻撃元に近いところでDDoS攻撃などの不正アクセスを食い止めることができる。ファイアウオール自身が勝手に動いて攻撃を防いでくれるイメージだ。他にも光波長多重技術、リアルタイムネットワーク制御技術、フォトニックトランスポート技術などなど、初めて耳にするような先端技術が多数搭載される。それら全てを含んだアーキテクチャそのものがRENAである。

RENA構想 第一弾のサービスは?
 では、いったいそれはどこまで開発が進んでいるのか?まずは第一弾として2005年春から「ベストエフォート型以外」の選択肢を提供するという。今やおなじみとなったADSLはベストエフォート型サービス。通信料金は数年前に比べ格段に安く、速度もかなり速くなったが、エンドtoエンドの通信は保障されていない。つまりベストエフォート型とは遅くなったり速くなったりしても文句は言えない。謳われている最大速度が出なくても、送信したはずのメールが届かなくても致し方なし、のサービスなのだ。「安くて早いけど、所詮ベストエフォート…」と思っている読者も多いことだろう。
 そこで、RENAでは現在のADSL並み、もしくはそれ以下の料金でもっと確実な通信ができるサービスが提供される。現在でもIP−VPNや広域イーサネットなど企業で一般的に利用されているVPNサービスのように、ADSLよりずっとセキュアで確実なエンドtoエンドサービスもあるが、一般家庭、SOHO、中小企業が使うにはやはり高価。そこで、そういった小口ユーザーでも気軽に利用できるVPNサービスが登場するというわけである。
 また注目すべきは、利用者がベストエフォート型で送りたいと思えばそれも選択できる点だ。絶対に安全に確実に発信したい情報は「確実・安全型」を、そこまでしなくてもいい情報は「ベストエフォート型」をといった具合に自由に選択できる。もちろんそのたびに回線をつなぎ直すなどの面倒な作業は必要ない。クリック1つで簡単に送信タイプを変えられると思えば分かりやすいだろう。料金体系はまだ決まっていないが、「確実・安全型」は「ベストエフォート型」よりも数百円程度高い料金が加算されるイメージだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/3/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 Lenovo 2 in 1タブレット「YOGA BOOK with Windows」 
●A賞:抽選で1名様
 ZEROTECH 小型セルフィードローン「Dobby Deluxe D100B-H」 
●C賞:抽選で1名様
 harman/kardon ワイヤレスホームスピーカーシステム「AURA PLUS」 
●D賞:抽選で1名様
 THANKO iPhoneケース型「モバイルDLPプロジェクター」 
●E賞:抽選で2名様
 キングジム コンパクトにたためるパソコン「PORTABOOK XMC10」 

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

勤休管理システム「勤時(きんとき)」 【科学情報システムズ】 運用で差が出る「クラウドを活用したバックアップ」の手法とは 【arcserve Japan】 約3000DBもの刷新課題を解決、横浜ゴムに聞く大規模・短期間移行の秘訣 【ドリーム・アーツ】
勤怠管理システム バックアップサービス データベースソフト
プロジェクト工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム。総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現する。 企業が管理すべきデータは増える一方。コストと運用負荷削減を目的にクラウドを利用するには、クラウドの特性を理解した運用環境が必要だ。今われわれは何を選ぶべきか? 約3000DBもの刷新課題を解決、横浜ゴムに聞く大規模・短期間移行の秘訣

新着特集


Web会議サービスを導入する際、導入目的や機能面、自社の通信環境やハードウェアなど、押さえておくべき…



2016年第3四半期におけるインクジェットプリンタの国内出荷台数は約95万台。同四半期の出荷台数が初…



業務用PCを組織として保護する必要性は理解できたが、普通のバックアップでは容量も世代管理もままならな…


新着セミナー

ソフトウェア品質生産性向上セミナーvol.73 【シーイーシー】  

開催日 4月19日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

ソフトウェア開発を統合管理する品質マネジメントプラットフォーム「CS Qompass」とは? IoT時代のモノづくりにおいて重要性が高まっている組込ソフトウェア…

ソフトウェア品質生産性向上セミナーvol.73 【シーイーシー】  

開催日 4月20日(木)   開催地 愛媛県   参加費 無料

ソフトウェア開発を統合管理する品質マネジメントプラットフォーム「CS Qompass」とは? IoT時代のモノづくりにおいて重要性が高まっている組込ソフトウェア…

Nimbleと強力連携 Veeam9.5 最新機能紹介 【クライム】  

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

仮想マシンのバックアップツールVeeam(ヴィーム)。ご存知の方も、そうでない方もVeeamの基本機能から最新機能まで余すことなくご紹介します。その中でも、最新…

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

RENA/RENA●妖精の名前にあらず!次世代ネットワーク…」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「RENA/RENA●妖精の名前にあらず!次世代ネットワーク…」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000496



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ