この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週のキーワードはこれだ! 掲載日:2004/01/07
 eTRON


日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を速めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。
今回のテーマは「eTRON」。いつでもどこでも、誰もが自然にかつ安全に利用できる情報ネットワーク環境を構築しようというお話です。

5分でわかるイメージ図
eTRONとは?
eTRONの説明に入る前に、TRONを先に説明しておこう。カーナビや携帯電話などの組み込みOSとしておなじみのTRONは、1984年に東京大学の坂村健博士によって提案されたコンピューター仕様で、身の回りの環境にコンピューターが組み込まれた機器を遍在させ、それらをネットワークで結ぶ「どこでもコンピューター環境」の構築を目的に開発された。eTRONはTRONの目指す「どこでもコンピューター環境」のセキュリティインフラのことを指す。 具体的には上記の概念を実現するeTRONチップが埋め込まれたICカードやSIMカード同士で構築される安全かつ無意識に情報ネットワークを活用するためのセキュリティインフラ。いたるところにコンピューターが内蔵されている環境をもたらすユビキタス社会において、家庭内の情報化も進んでくる。外出先から電話1本で部屋をあたためて主人を迎えてくれるという利便性の裏側には、悪意を持った第3者が機器を勝手にコントロールしたり、留守宅であることを知られてしまうなど、安全性がこれまで以上に重要となってくる。その一方でコンピューターを使いこなす利用者であればセキュリティは自己責任とも言い逃れられるかも知れないが、子供やお年寄りなど万人にこれらを理解し守ってもらうことは到底不可能だ。万人が知らず知らずのうちに情報家電を使いこなしている真のユビキタスの目指すところにeTRONは不可欠な存在となってくることだろう。

“eTRONに格納される情報
eTRONで扱う情報としては、eTRONのインフラを構築するためのeTRONの「鍵実体」、取り扱う情報としてマイクロペイメントのような数値情報を扱う「量的実体」、コンサートチケットのような世界に1つしかない価値である「質的実体」がある。eTRONの鍵実体はPKIを基本としており、一定期間を持って自動的に鍵の更新は行うものの、通常時はセンターサーバーを介在せず処理を行う。eTRON自体はソフトウエアだけではなく物理的なチップが組み込まれたICカードやSIMカードとして実現されている。このチップには外部から解析をすることができない耐タンパ性を持つと同時に、eTRON間の通信はeTRON専用の通信プロトコルeTP(Entity Transfer Protocol)を用いVPNを構成して処理を行うので、第3者はもちろん利用者本人も成りすましや改ざんをすることが極めて困難だ。
WPAのイメージ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 RAYCOP RX 
●A賞:抽選で1名様
 Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-BLACK 
●C賞:抽選で1名様
 パナソニック 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 
●D賞:抽選で1名様
 Dell ノートPC Inspiron 11 Pentiumモデル ホワイト 
●E賞:抽選で1名様
 サンワダイレクト ごろ寝マウス 指輪マウス トラックボール 

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Barracuda Web Application Firewall 【バラクーダネットワークスジャパン】
BI バックアップツール WAF
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 ファイアウォールやIDS/IPSで保護できない、Webサイトへの外部からの不正アクセスを防御。SQLインジェクションやXSSなどによる顧客情報流出やWebサービス停止を確実に防止

新着特集


モバイルやWeb会議、仮想デスクトップを導入したものの、ワークスタイル“変革”ではなく“改善”で止ま…



IoTデータをどう扱えばよいか分からないと悩んだことはないだろうか。「KDDI IoTクラウド 〜デ…



機器を液体につけて冷却する富士通の「液浸冷却技術」は、データセンターの電力消費を40%削減するほか、…


新着セミナー

仮想化は今や常識、運用時によくある失敗事例とその回避策とは 【ピー・ビーシステムズ/ゾーホージャパン】  

開催日 6月16日(金),9月7日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

●サーバーの仮想化を実施したが原因不明の「何か遅い…」が解決できない●仮想サーバーが増加傾向にあり、管理が煩雑になりつつある●サーバー・ネットワーク統合監視ソフ…

事例に学ぶ、保守・メンテ業務の働き方改革 【パナソニック インフォメーションシステムズ/レッドフォックス】  

開催日 6月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

保守・メンテナンス業務では、作業が終わっても報告書作成のために一旦帰社しなければならないことが多く「システム入力が負担」「夜間残業を減らしたい」などのお悩みがよ…

将来を見据えた「EDI再構築」のやり方セミナー(大阪) 【ユーザックシステム】  

開催日 6月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

流通BMSの本格運用が開始され、約5年が経過しました。初めて流通BMSに対応することになったため、事前に想定していた運用と対応後では、ギャップを感じている企業様…

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

eTRON/eTRON●TRONのセキュリティインフラ…」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「eTRON/eTRON●TRONのセキュリティインフラ…」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000494



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ