第22回 自前を回避!データセンターの基礎


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2003/09/24
 自前を回避!データセンターの基礎

 これまで6回にわたりWANに関するさまざまなことを学んできた。今回は、WAN全体のおさらいをしながら、インターネットやIPネットワークなど、WANを経由してユーザーにサービスを提供するデータセンターについて解説していこう。最近ではコロケーション、ハウジング、ホスティングといった基本的なサービスに加え、ASP、MSP、SeSP、SSPなどの付加価値サービスを併せて提供するデータセンターも多い。これらいわゆるxSPサービスについても整理する。 自前を回避!データセンターの基礎 イメージ


WANの復習とまとめ

WANのメリット
 第17回より前回までにおいて、本講座ではWANに関連するさまざまなことを学んだ。
 今回はまず、これらについて簡単に復習をしてみたいと思う。
 そもそもWAN(Wide Area Network)とは、電気通信事業者によって提供される広域ネットワークのことであり、これを利用することで、2拠点もしくは多拠点のコンピュータ同士がデータのやり取りを実現したり、LANを相互接続したりすることが可能となった。
 本来、遠隔地同士を相互接続するためには、その間に伝送路を敷設する必要があるが、これを独自に行う場合、多大なコストがかかってしまう。また、敷設した長距離の伝送路を介して安定した通信環境を常に維持するための費用も必要となることから、膨大なコストを要することとなる。
 しかし、あらかじめ全国規模で提供されるWANを利用すれば、多拠点同士の接続が容易に実現でき、また品目によっては、安定した通信環境や障害時の復旧対策も、電気通信事業者が保証しているものもあり
、比較的安価にその通信環境を得ることができるわけだ。

WANの種類
 さて、一口にWANといっても、やり取りする情報の種類や通信速度、利用範囲、通信品質などによって多種多品目のサービスが提供されている。
 例えば、一般に利用されている公衆電話網は、遠隔地同士の通話を実現するためのWANだといえる。また、ISDNではデジタル情報の交換が、パケット交換網ではパケット形式における情報のやり取りが可能となる。
 さらには、昨今急速に利用されるようになったWANとして、IP-VPNや広域イーサネット、専用線イーサネットなども広く普及し始めている。
 IP-VPNは、TCP/IPのインターネット層で機能するIPプロトコルを利用することで、あたかも専用線のごとく利用することのできるWANである。また、広域イーサネット専用線イーサネットでは、データリンク層において、イーサネット(Ethernet)を利用したWANであり、2拠点、もしくは多拠点のLANを、シームレスな形で相互接続するものだ。
 なお、WANの実現するための技術としてフレームリレーやセルリレーについても第17回講座で学んでいる。

WANへの接続形態
 WANにはそれぞれ専用のプロトコルが存在する。このため、WANに接続するためには、このプロトコルに準じる必要がある。通常、WANに接続するためには、DCE(Data Circuit-terminating Equipment:データ回線終端装置)を介す必要がある。DCEはWANのプロトコルをサポートしたものであり、公衆電話網ではモデムが、ISDNではTAなどの機器がこれに相当する。
 また、WAN接続には、さまざまなアクセスネットワークを介する必要がある。
 公衆電話網やISDNの場合、それぞれ専用の加入者線が宅内まで敷設されるが、広域イーサネットや、IP-VPNなどの場合には、それらがサポートするアクセスネットワークを介することが、利用の前提条件となる。
 例えば、インターネットに接続する場合、加入者線網から公衆電話網やISDNを介したり、ADSLを用いたりする。CATVサービスでは、一般家庭までメタリックケーブルが、FTTHにおいては、光ファイバケーブルが敷設され、これらを用いることもできる。
 さらには、無線や専用線サービスによるWANへの接続も一般化してきている。

図22-1 WAN (Wide Area Network)
図22-1 WAN (Wide Area Network)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

データセンター/第22回 自前を回避!データセンターの基礎」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター」関連情報をランダムに表示しています。

データセンター」関連の製品

Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 高機能データセンター EINS/VDC 【インテック】 FIT-Cloudサービス 【北電情報システムサービス】
認証 ハウジング IaaS/PaaS
世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
全国3地域/6拠点に展開する高品質データセンター。各種クラウドシステムと組み合わせて柔軟なシステムを構築でき、専門の技術員が運用をサポートする。 自然災害の少ない富山県に立地する高信頼のデータセンターを活用したクラウドサービス。仮想化インフラの構築から運用管理までのトータルサービスで、BCP対策を支援。

データセンター」関連の特集


2013年第3四半期、前年同期比12.2%増の1317億円となった同市場。x86サーバの出荷額が4半…



開発環境や情報系システム、管理系システムの移行先として一般的な選択肢となったIaaS。では“基幹系シ…



2014年は4697億円の出荷規模だった国内サーバ市場。円安による部材コストの上昇で平均単価が上昇す…


データセンター」関連のセミナー

実例からみるSDNの現在、そして未来 【ユニアデックス/Accton Technology Corporation/ビッグスイッチネットワークス/日本アルカテル・ルーセント】 注目 

開催日 10月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ネットワーキングを取り巻く外部環境は大きな変化の中にあります。今までの常識の延長では考えられない、デジタルと物理世界を結びつけ新たなビジネスを創造する「デジタル…

導入検討UserもSIerも聞いてスッキリ、AWS導入から運用のキホン 【共催:ソニーネットワークコミュニケーションズ/アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 10月25日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、一貫して業界をリードし続ける「Amazon Web Services(AWS)」について、メリットやコストイメージのほか、システム移行の際のチェ…

シスコのハイパーコンバージドインフラ Cisco HyperFlex 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 10月14日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

ハイパーコンバージドインフラの価値はどこにあるのでしょうか?ハイパーコンバージドインフラが生まれた背景や経緯、コンバージドインフラ(統合インフラシステム)との違…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

データセンター/第22回 自前を回避!データセンターの基礎」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データセンター/第22回 自前を回避!データセンターの基礎」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000463


IT・IT製品TOP > データセンター > その他データセンター関連 > その他データセンター関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ