第10回 上位層とロードバランサの関係


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワーク早わかり講座
連載第10回 4〜7層で動作する負荷分散を学ぶ! 掲載日:2003/03/26
上位層とロードバランサの関係

 第10回は、OSI参照モデルの最後の解説として、第4層のトランスポート層と第5〜7層の上位層について説明する。最も代表的なプロトコルであるTCPを理解することで、トランスポート層の機能を理解していこう。また、ポート番号のやり取りなどをもとに、その仕組みをわかりやすく図解し、FTP、Telnet、電子メール、Webなどのサービスについても解説する。あわせて、上位層については各層の役割をおさらいし、これらの層で機能するロードバランサの仕組みを、注目のWebサービスの例を通して紹介する。 上位層とロードバランサの関係 イメージ

↓ OSI参照モデル第4層 トランスポート層
↓ OSI参照モデル第5〜7層 上位層
↓ 上位層で機能するロードバランサ


OSI参照モデル第4層 トランスポート層

トランスポート層とTCP
 前回の講座では、OSI参照モデル第3層のネットワーク層を取り上げた。ネットワーク層は、パケットを相手まで届ける際の取り決めや制御を行う部分であり、インターネットプロトコルのTCP/IPにおいてはIPがこのネットワーク層に位置していた。
 今回は、OSI参照モデル第4層のトランスポート層についての説明へと進んでいくことにしよう。
 トランスポート層(transport layer)とは、ネットワーク層の上位に位置する層であり、この層に位置する代表的なプロトコルとしてTCPが挙げられる。ネットワーク層のIPとトランスポート層のTCPが、TCP/IPの中核を成しているわけだ。よって、TCPを理解することでトランスポート層のおおよその機能を理解することができるはずだ。

TCP(Transmission Control Protocol)の機能概要
 TCP(Transmission Control Protocol)では、上位層から渡されたデータを、パケット単位に分割するとともに、相手のどのアプリケーションに渡すべきかを認識し、それを情報として付加する。また逆に、下位のネットワーク層から渡されたデータについては、パケットに欠如がないかをチェックし、もし欠如があった場合には、再度送信を要求するなどの機能を持っている。
 前回の講座で紹介したネットワーク層までの機能があれば、ネットワークを介したパケットのやり取りは問題なく実現する。しかし、コンピュータに到達したパケットは、そのコンピュータ内で機能するどのソフトウエアに引き渡されるべきものであるかを、ネットワーク層まででは関知していないのだ。
 このため、それを送受信双方でお互いに認識するのがTCPの機能であり、また、そのために用いられる情報をポート番号という。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

上位層とロードバランサ/第10回 上位層とロードバランサの関係」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「上位層とロードバランサ」関連情報をランダムに表示しています。

上位層とロードバランサ」関連の特集


アクセス集中時の負荷を分散するロードバランサ。今回はロードバランサの進化系として活躍する「APスイッ…


「ADC/ロードバランサ」関連の製品

Barracuda Load Balancer ADC 【バラクーダネットワークスジャパン】 Netwiserシリーズ ロードバランサー 【セイコーソリューションズ】 仮想ADC/ロードバランサー Brocade Virtual Traffic Manager 【SCSK】
ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ
トラフィックを複数のサーバーへ負荷分散する機能やフェールオーバ機能などに加え、本格的なWAF(Web Application Firewall)機能を標準搭載した高機能なADC製品 中小規模システムに最適なロードバランサー。必要な機能に絞り低コスト導入可能。
CLIと同じ内容が設定できる日本語Web対応。
全国オンサイト保守など設定・運用面でも安心。
SSLアクセラレータを標準搭載する、仮想ADC(L7ロードバランサー/アプリケーション・デリバリ・コントローラ)。ソフトウェアベースのためクラウド・仮想環境に最適。

「ADC/ロードバランサ」関連の特集


サーバの負荷分散やオフロード処理など様々な機能によってアプリケーションを最適な形で送り届けることが可…



タブレットなど新たなネット接続デバイスの普及に伴って、Webサーバへのトラフィックが急増する中、注目…



アドレス変換の応用例であるロードバランサの仕組みやパケット振り分け方法、現在のロードバランサ製品の最…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

上位層とロードバランサ/第10回 上位層とロードバランサの関係」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「上位層とロードバランサ/第10回 上位層とロードバランサの関係」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000274


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ADC/ロードバランサ > ADC/ロードバランサのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ