第3回 伝送路の種類と高速アクセス回線


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


  掲載日:2002/12/11
 伝送路の種類と高速アクセス回線

 普段、何気なくインターネットや電子メールを使っていると、データ通信は「できて当たり前」と感じてしまう。しかし、実際には高度な技術やさまざまな通信機器によって実現している。今回は、通信の根本的な部分を改めてフォーカスし、デジタル/アナログ伝送路やケーブルなどの構造を解説。これらを踏まえた上で、現在のブロードバンドを実現しているADSLやFTTHなどのアクセス回線の仕組みをわかりやすく解説していく。 伝送路の種類と高速アクセス回線 イメージ


伝送路の種類−アナログとデジタル−

 ネットワークには、LANやWAN、MANなどさまざまな種類が存在することを先に学んだ。
 これらのネットワークには、説明するまでもなく多くのコンピュータが接続される。そして、お互いがデータのやり取りを行うことによって、分散処理や集中処理を実現し、ひいては情報の共有化という大きなメリットを生み出すことを、本サイト読者の皆さんであれば、既にご理解いただいていることだろう。
 さて、今回はコンピュータ同士が情報をやり取りする上で必要不可欠なものである、伝送路について説明したい。

伝送路とは
 伝送路(channel)とは、コンピュータ間のデータ通信において、データを伝送するための経路をいう。コンピュータ同士がやり取りする情報は、必ず何らかの媒体を介して伝達されなければならない。この媒体を伝送路というわけだ。
 伝送路には、アナログ信号を伝送するためのアナログ伝送路(Analog channel)と、デジタル信号を伝送するためのデジタル伝送路(Digital channel)が存在する。

アナログ伝送路
 アナログ伝送路の代表的なものに電話回線網がある。電話回線網では、受話器のマイクによって入力された音声が、アナログ信号へと変換されて伝送される。一方、相手側では、電話機に到達したアナログ信号を、スピーカーによって空気振動に変換することで音声を再生している。
 コンピュータは、その内部において、扱う情報のすべてがデジタル形式で処理される。このため、コンピュータの情報をアナログ伝送路である電話回線網を用いて伝送するには、モデム(modem)という機器を用い、デジタル信号をアナログ信号へ変換する必要がある。また、受信時にはアナログ信号をデジタル信号へ変換しなければならない。
 皆さんは、インターネットが普及し始めた当初、14.4kbps〜56kbpsのモデムを介して、ダイヤルアップ接続を行っていたはずだ。また、現在ではユーザーの多くがADSLを用いてインターネットアクセスを行っていることだろう。
 これらはデジタル信号とアナログ信号の双方向変換を行うために必要不可欠な機器であったわけだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

伝送路と高速アクセス回線/第3回 伝送路の種類と高速アクセス回線」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「伝送路と高速アクセス回線」関連情報をランダムに表示しています。

「その他通信サービス関連」関連の特集


現在ソフトバンクが2008年春のサービス開始を目指し、実証実験中!基地局をオフィスや自宅に設置すると…



パラボラアンテナを宇宙に向けるだけで、1.2Gbpsの高速データ通信が実現!夜空に浮かぶインターネッ…



モバイルワークなどを拡大していく上で、問題になりがちなのが電話環境だ。オフィスの固定電話における課題…


「その他通信サービス関連」関連のセミナー

【12/15 大阪開催】SIGFOX入門セミナー 【京セラコミュニケーションシステム】 締切間近 

開催日 12月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

あらゆるモノやデバイスがインターネットにつながるIoT時代。こうした中でIoT専用の通信方式として、欧州を中心にSIGFOX、LoRaWANなどの『LPWA(L…

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

会員登録(無料)・ログインはこちらから

伝送路と高速アクセス回線/第3回 伝送路の種類と高速アクセス回線」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「伝送路と高速アクセス回線/第3回 伝送路の種類と高速アクセス回線」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30000163


IT・IT製品TOP > 通信サービス > その他通信サービス関連 > その他通信サービス関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ